Entries

今夜は満月

今夜は満月。特にスーパームーンと呼び、月が地球に最も近づき、満月と重なり最も大きく見える月の事を言うそうである。テレビのニュースでも盛んに中継されていた。暑い夏も、いつの間にか過ぎ去り、朝夕吹く風にも秋の気配を感じるようになってきた。爽やかでまことに清々しい限りである。

 記憶に残る満月というと、10年ほど前に京都で見た月を思い出す。仕事帰り、同僚らとささやかに一献傾けようと、御池通りを祇園へと歩いていた時のことである。急にあたりがざわめき立つ。何事かと顔をあげると、東山の上にぽっかりと、大きな大きな満月が上ってきていた。東西にまっすぐに伸びる御池通りの延長線上に、道路幅一杯に大きな満月が上ってきていた。暫し見とれてしまう。居酒屋へ行くのも忘れるぐらい見事な満月を堪能した。

 同じような満月は、過去何度となく見ていることと思うが、今でも鮮明に記憶が残っている理由は、京都・三条・東山・祇園というシチュエーションによることが大ではなかろうか。そして何より居酒屋というキーワードが異常に満月の高揚感を湧き立たせ、鮮明な記憶につながっているように思う。

 記憶というキーワードにつながる話として、高齢者と接していて、「物覚えが悪い。記憶が曖昧になる。」などとよく聞く。

 認知症の症状の表れ方の一つとして理解している。例えば、食事を終ったばかりというのに、まだ食べてない。という方がいる。「健忘症」である。また、2~3日前のことは忘れていても、昔のことはよく覚えている方もおられる。太平洋戦争の時、風船爆弾を作っていたというHさんは風船の作り方などお話をしてくださるが、ご主人が3月に入院加療されたことは記憶にないらしい。「短期記憶障害」である。また、物が無くなった。ヘルパーが盗った。と言い張る方。腹立たしい事この上ないが、一緒に探して見つけると、泥棒が戻してきた。「妄想」である。

 このように書いているが、私たちは医療従事者ではない。介護者である。医療的学術用語を並べて、高齢者を判断してはならないと思っている。ただ、高齢の方や障害を持っている方を理解し、よりよきケアの一助になればと思い、日々研鑽を重ねなければならないと考えている。また、介護を必要としている方は、認知症が進めば進むほど、介護者の表情、感情など、鋭く感じ取ると聞く。分け隔てない介護、真摯な態度でケアを提供する事業所として歩みたいと思っている。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://omusubi01.blog83.fc2.com/tb.php/82-11552582
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード