Entries

眠れぬ夜が続く。

スポーツ万歳!!

 此の頃、寝不足の日々が続いている。原因は言うまでもなく、サッカーW杯である。

 スポーツを見るのが好きな私は、中でもサッカー大好きである。
 サラリーマン時代、仕事の関係から、ヴィッセル神戸とコネクションを持っていた。
 試合も良く見に行き、選手達とセレモニーのある日には、三男を連れて行った事もあった。当時は、“キングカズ”の三浦和良選手や、得点王にもなった播戸竜二選手、カメルーン代表のエムボマ選手と言った多士済々のチームで、特に三男にとって、キングカズと話が出来「あなたにあこがれてサーカーを始めました」と言えた事とか、播戸選手と親しく話が出来た事とか、三男にとっては興奮冷めやらぬ楽しい思い出になっている。

 W杯の日本チームは、残念ながら決勝トーナメントの出場は難しい状況になった。本田がどうの、香川がどうの、と言った事ではないと思う。日本も確実に強くなったと思うが、相手はそれ以上に強くなっている。強いチームを作って来ている。特に中南米のチームは強い。無敵艦隊と言われたスペインの凋落ぶりはひどい。ヨーロッパ勢の中では、私はベルギーがいい試合をすると思っている。

 スポーツの中でも、特にサッカーは何が起こるか解らないスポーツである。審判の笛の一つで流れが変わることがある。10秒で1点を取る事が出来るスポーツである。決してあきらめてはいけないスポーツである。それだけに醍醐味のあるスポーツとも言える。

 このように書くと、観戦態度はいかにもクールで、冷ややかに見ているかのように思われるが、実態はかなり違う。気を抜いたプレーをしようものなら、怒声・罵声が飛ぶ。「何やってんじゃ!」ゴールを決めたりナイスプレーなら、「よし!ようし!」と歓声に変わる。周囲の人たちの、うんざりした表情も何のその。テレビにしろ試合会場にしろ変わらない。体育系応援団の気質は今もって健在である。

 話は変わるが、今年のプロ野球は面白くない。特に阪神タイガースの試合は情けない思いがするのは私だけだろうか。奮起を期待する。

 余談になるが、ラグビーのW杯も来年に迫っている。監督もエディに変わり、テストマッチ負けなしで、10連勝の偉業達成。世界ランクもいつの間にか10位になり、強くなったものである。2019年日本で開催されるW杯が楽しみである。

  7月14日の決勝戦まで、まだまだ眠れぬ夜が続く。 だが、安心してほしい。昼には気が向いたときに、会社で昼寝をしている。誰に気兼ねをすることなく・・・。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード