Entries

ノーサイド

ノーサイド

 明けましておめでとうございます。2014年も恙なく、新年を
迎えることが出来ました。また、本日は成人式の日、今年も
諸事多忙で、時日の経つのが早く感じる。
白駒の隙を過ぎるが如し。※1 のことわざ通りの日々を
送っている。
※1《「荘子」知北遊から》白い馬が走り過ぎるの を壁のすきまから
ちらっと見るように、月日の経過するのはまことに早いことをいう。

 その一つに、今年も甥が高校ラグビーの監督をしている関係から、
花園ラグビー場でのラグビー観戦で、2014年がスタートした。
 惜しくも甥の高校は準決勝で涙を飲んだが、全国3位の成績を残す
ことが出来た。
 私はスポーツの醍醐味は、爽快感・清涼感を味わうこと。を一つに
挙げているが、ラグビーの試合を観終わった後は、そういった爽やか
さを特に強く味わうことが多い。
 ラグビーの基本ポリシーを表す言葉にノーサイドという言葉がある。
意味は試合が終われば敵味方なし。という意味だが、特に高校ラグビー
の試合では、ノーサイドの雰囲気を特に味わうことが出来るスポーツ
だと思う。
 試合後、同じ大阪代表でベスト8、準々決勝で惜敗した大阪朝鮮
高校の呉監督とスタンドで立ち話をすることが出来た。
 呉監督は「ここで(花園)勝つということは本当に難しいことです」
の言葉が胸に響く。すかさず「頑張って!」と素直にエールを送る。
 帰り際には、通路の傍らにいた決勝進出を決めた東海大仰星校の
ラグビー部員に「君ら明後日には勝てよ!」と声を掛けると、皆が皆
「ハイ頑張ります。有難うございます。」と素直に返事が返ってきた。
  高校生のスポーツ選手の爽やかさを覚えた瞬間であった。

 東海大仰星校は力強いラグビーで全国優勝の栄冠に輝く。

 同じ大阪地区同士、これからも切磋琢磨してラグビーの醍醐味、
楽しさを広めて欲しいと思う。

 余談だが、今月の24日には東海大学近畿地区の合同新春懇親会が
開かれる。
 同窓会の役員をしていても、めったにそういった会には出てないが、
今回は何かしら出ようと思い、早々と参加を決めた。
そこで、仰星校のラグビーの土井総監督、湯浅監督にお目に掛かれる
と思う。ラグビー談議に花を咲かせることが出来れば・・・
ひそかに期待している。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード