Entries

この一年を振り返って

この1年を振り返って! 
今日は2010年の大晦日。この一年を振り返り、何があり如何に
過ごしたか、振り返ってみるに、甚だ不安な気持ちにさせられ
る。余りにも月日の流れが速いのに今更ながら驚いている。
1月にブログで紹介したが、一年の歳月の長さは、自分の齢(よ
わい)年齢に反比例するとのこと。来年還暦を迎える私は、一年
間の長さは20歳の若者より1/3短くなる。

短くなる歳月、充実した日々を送らねばならぬ。と気を引き締め、
この一年を「喜怒哀楽」をキーワードに振り返る。

「喜」
 私の周囲に、多くの赤ちゃんの誕生を見れたことである。
長男夫婦、また甥夫婦に二世が誕生した。甥の処は女の子、長男
の処が男の子であるが、名前が偶然同じ音になった。「ゆうり」
と発音し女の子は「優理」男の子は「祐理」と名付けられた。
また、大浜の教会の2組の兄弟姉妹に相次いで二人の赤ちゃんが
誕生。礼拝時に、時折赤ちゃんの泣き声を耳にする時、思わず微
笑みたくなる。又以前同じ教会に通っていて、近所にお住まいの
兄弟姉妹にも、3人の赤ちゃんが生まれた。
 皆元気で健やかに育っていると聞き、誠に喜ばしい。

「怒」
 何といっても、政治の体たらくが一番。民主党の情けなさに
怒りを通り越して、うんざりしている。自民党も情けない。
何処の政党、政治家をも支持する気になれない。

 マスコミの報道統制も遺憾である。尖閣問題で狂気じみた中国
の抗日デモに対して、東京で抗議のデモがあったと聞いたが、ど
このマスコミも報道してない。

 今年ヒットした「龍馬」に「坂の上の雲」に描かれる、幕末か
ら明治・大正までの政治家の気骨ある生き様が羨ましい。

「哀」
 まず、友人の訃報が今年も届いた。ブログを書き始めて3名の
同級生が亡くなった。たった1年4カ月の間にである。皆、同じ釜
の飯を食いあった中であり、一人ひとりに沢山の思い出がある。
「晨星落々」(シンセイラクラク){明け方の空の星の様子・朝が進むと星
が消えて見えなくなる:転じて友人などが死んで少なくなる}の
思いが年々増してくる。

「楽」
 若者が頑張っている。特にスポーツをする元気な若者を見るこ
とは何よりも楽しみである。ワールドカップサッカーは熱中した。
フィギアスケートも最後に真央ちゃんの笑顔が見れて良かった。
都大路を駆け抜ける高校駅伝も面白かった。何より、今花園で開
催されている高校ラグビーに注目している。大阪代表のT高校の
監督は甥(姉の子)である。何にも増して熱が入っている。昨日2
回戦を突破してベスト16に入り、悲願であった元日超え叶えられ
元日は強豪の東福岡高校との対戦である。力を出し切って頑張っ
てベスト8、ベスト4、優勝と進んで欲しい。楽しみである。
 阪神タイガース頑張れ!

 ブログを始めて39件、今年になり23件目。拙い文章に多くの方
がアクセスして下さり誠に有難うございます。

 来る2011年、皆様に取りまして良き年となりますよう心より
お祈り申し上げます。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード