Entries

利用者は神様、従業員は私の宝物

「人の為に何かをする。そのことで、
その人の人生の価値が判る」(byキング牧師)


 2009年12月29日一応仕事納め、明日から正月休暇に入る。
 一応と断りが入るのは、介護事業に携わる者の宿命。
休暇中であっても、一人暮らしの高齢者や、介護を必要
とされる方が居られる以上、休日返上で訪問する。

 お結びでは、休日の間に延18名の方にサービスを提供する
予定。食事中心の介護が主なものだが、正月前にさっぱり
したいのが人情、入浴介護のサービスを提供する人もある。
 
 12月中旬から、正月の利用者のサービス予定が各ケアマネー
ジャーから流れてきて、それに従ってシフトを考えねばな
らない時、不安に陥った。
 果たして誰が休日返上で仕事をしてくれるか、皆其々家庭
があり、一家の主婦の立場の人ばかり、「正月ぐらいゆっ
くり休む」そう言った返事で断られると思っていた。
しかし、担当している職員・ヘルパーに打診すると、皆が皆
いとも簡単に「いいですよ!」最前の不安は杞憂に終わる。
当社の従業員に心底感謝している。
 
 「人の為に何かをする。そのことで、その人の人生の
価値が判る」

 キング牧師の言葉で、人生の価値は、社会的名誉・金銭的
豊かさ・家庭的な幸福などで決まることではなく、勿論それら
も必要であるが、人の価値は、人の目線に立って、人の為に
奉仕することで決まる。役立ちたいと思い、その思いに従っ
て実行することで決まる。
 当社の従業員にこの言葉を贈りたい。


 この1年を振り返って、今の偽らざる私の心境は
「利用者は神様、従業員は私の宝物」
2010年更なる発展を目指し、従業員と一丸となって頑張ります。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード