Entries

同窓会

同窓会
今年も同窓会の案内が届いた。今回は5年ごとに開催される                                   高校の同窓会である。早速出席の返事を出した。
思えば、前回の同窓会から早5年が経ったのか、月日のたつのが
非常に早く感じられる。もっとも、その間に小学校・中学校・
中学校の3年時のクラスだけの同窓会・大学の同窓会・大学の
所属していたクラブの集まり等があり、ほぼ一年に1~2回は
同窓会と名の付く会に出席している。
そして、それとは別に学校時代の友人たちとは折に触れ再会し、
旧交を温めているので、そうした状況を良く知る人から、そんなに
頻繁に同窓会に何故出席するのかと良く聞かれるが、
「同窓会は又別である」と答える。同窓会でしか会えない人もいる。
長い間音信不通の人が突然会えたりするのも同窓会の良いところである。

しかし、近年特に多い気がする。40数年ぶりで初めて開いた小学校、
中学校の同窓会などはその典型であろう。

皆其々の人生に一区切りがついた頃である。子育ても終わり、初老の                            備えにはいる。次の人生に向かって 再スタートが必要な時でもある。                                            学生時代の良き思い出を懐かしむとともに、過去の出発点を振り返り、                                   過去のスタートに抱いた、少し気恥ずかしい、気負いを共有した友人たち                                         の変遷を確かめたい思いからか、同窓会が多い理由なのかとも思う。
色々な理由を付けて、私は同窓会に出席する。

先般の中学校の3年時のクラスの同窓会の写真が送られてきた時の
こと。先生を挟んでK原君と3人で写った写真も同封されていた。
K原君、日体大卒、愛知県警の機動隊員を永く勤務し一時は暴にも
在籍していたが、定年前に長年の希望であった村のお巡りさんとし
て交番勤務をしている。村のお巡りさん、顔はいかつい。3人の写
真を見た娘、「誰が先生?」「先生を囲んでの会、みんな先生に
見える」ときつい一言、先生と15歳離れているのに、先生も老け
ているのに、それよりも老けているとは・・・

高校3年の時、秋の文化祭で創作劇に先生役で出演、親父のスーツ
を着て、劇の合間に出席簿を持って校内を歩いてたら、すれ違う
お母さん方、先生と間違えて皆丁寧に挨拶して下さる。
高校生のときから老けていたのか、今更ながら思う。

 同窓会の写真を添付しようかとも思ったが、恥の上塗り!!                                          好評の博した愛犬「もも」のワンシーンを紹介。                                       息子の膝の上でおすましの「もも」です

 


 momo2

スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード