Entries

65歳になって

65歳になって

 私もこの4月で65歳になった。2月ごろまず堺市からお出かけ応援パスの案内が届いた。
 65歳以上の人間を対象に、1000円の手数料を支払うだけで、市内のバス代・ちんちん電車の料金が1回あたり100円で乗車できるカードを送付するが、申し込むか否かの案内が届いた。
 私自身、余りバスやちんちん電車を利用する機会は少ないものの面白そうなので申し込んだ。
 1か月ほどで届き、65歳になって1回だけ使用した。降車時に料金を支払う。100円玉1枚で済むことに、特に感慨は起きなかった。

 その後、堺市から今度は介護保険証が届いた。「あなたは前期高齢者の仲間に入りましたよ。」と言われているようで、今度は、ちょっぴり感傷的な気持ちが起きた。
 介護事業に従事している関係から、介護保険証が如何に重要か、介護サービスを受けるためには必須な書類である介護保険証が、私にも届いたことにお出かけパスにはない気持ちが生じた。利用者の方の中にも、同年齢の方も何人かおられ、何時、私も介護サービス提供者から受給者になるかならないか、判らない状況を改めて認識した次第である。

 そのような思いを抱いてるときに、またまた倉敷の同級生から、「○○君を励ます会」「同窓会準備会」等々、名目は判然としない何時もの「飲み会」のお知らせが届く。勿論、一も二もなく参加する旨返事をする。その後日時が決まり、場所もメンバーもいつもの如くとの連絡が入る。
 今回は久しぶりに東京からS君が参加すると聞いた。S君とは山岳部が一緒で、他の部員たちと共に、県下の山を楽しんだことを思いだす。また、高校2年の時には、部員6名、顧問2名で上高地から入り、横尾にベースキャンプを設置して常念岳・槍ヶ岳・奥穂高岳を登った仲間の一人である。また、山以外でも彼の所属する社会人のサッカーチームに参加させてもらい、何回か試合にも出させてもらった思い出もあり、久闊を叙したいと思いが募る。
 また、彼は前々日には倉敷に来ていて、前日の土曜日には山岳部の仲間たちと共に、高校時代よく登った熊山登山を楽しむという。当方、脚力には全く自信がなく山登りなど論外で、階段など避けて通る方で、山登りをするS君たちを羨ましく思いつつ、改めて65歳を実感し、これが老いというものかと、老いをを痛感した次第である。

 また、65歳になった自分という人間が特に、身体状況がどうなっているか、把握しなければ今後のスタートが切れないと思い始めてもいた。

 そんなこんなの中O君の言葉を思い出した。O君は小学校の同窓生という以上に、親しくつきあった幼馴染。中学は別になったが高校でもまた一緒、同窓会や最前の飲み会のメンバーでもある。
 今は岡山市北区で高松整形外科脳外科医院を開業して院長をしている。

 今年の1月に行われた小学校の同窓会の三次会の折、「一度脳ドックを受診しないか、頭を見せに来ないか」と。医者の目から見て、当方のどこかが気になるのか、そのような言葉を頂いていた。
 
 友達の気安さから、今回の倉敷行を良い機会として、O君に電話をし早速予約する。

 飲み会の次の日、予約した時間に行くと、早速身体測定、問診から開始、脳CT撮影に移る。撮影後すぐに画像診断、12カットの脳断面が映る。一言「異常なし」「思ったよりきれい」と、どんな反応をしたらよいのか途方に暮れるような診断がでる。しかし、暫く当方を観察していたO君。「頸のレントゲンをとる。」直ぐにレントゲン室に移動。3方向からの撮影。撮影後、暫時待合室で待機。その間2~3人の患者さんが院長室に入り、治療を受けている様子。O君結構忙しそう。頸のレントゲン結果が出る。「頸の第5頸椎。進行すると脊柱管狭窄症になりかねない。要するに、第5頸椎の椎間板が潰れかけている。」という。
 今後、転倒とか、首に急激な負荷を掛けないよう注意しなければならない。と、懇切丁寧な診断の説明を受ける。

 O君の親切はまだまだ続き、今日は大阪へ帰るという私を「電車の時間に間に合わないから急げ。」と駅まで送ってくれた。まだ診察時間内でもあり、患者さんを数人待たせて・・。私自身の身体状況の把握のための診察結果にも満足したし、何より変わらぬO君の友情、親切心にも大いに感謝した一日であった。

 65歳という年齢、老いというキーワードにあまりにも拘りを持ち続けた結果、自分自身を見失いかけていたように思う。

 友人たちとの出会いを通して、大事な事を思い起こすことが出来た。
 「まだまだ」という気概だけは持ち続けなければならないと思っている。
スポンサーサイト



父母恩重経より

 介護の世界の根幹を揺るがすような事件が発生した。川崎で起きた有料老人ホームでの殺人事件。介護士の男性が利用者を転落させた事件。ありうべからずのことで、コメントもない。
 その余波?ともいうことが、最近身近におきている。和泉市に在住の知人の70代の女性から、「これから介護を考えてるが、どんな施設が良いの?また、どんなヘルパーさんを頼んだら良いの?」と言ったご相談である。聞けば、「昨今の介護の世界から聞こえてくるニュースに、大丈夫かと心配する事が多すぎるから」と言われた。ありふれた回答しかできないが、施設の場合などは、ご家族など信頼している方と一緒に見学したり、何度となく体験を行い、しっかりと見極めてから判断すれば良い。また、在宅でヘルパーを希望される場合も同じ、信頼する事業所を見つけること。そのためには、良いケアマネージャーを捜し、ケアマネージャーの推薦する事業所を紹介してもらうこと。ただ、ヘルパーさんとは人と人との関係があり、相性もあるので、懸念されることがあれば遠慮なくケアマネージャーに連絡し代えてもらうこと。等伝えた。

 話がかわるが、昨今愛読書である司馬遼太郎の作品を読み返している。
 短編全集の中で「長安の夕映え:父母恩重経ものがたり」と題された短編がある。仏教の教えの父母恩重経を題材にした司馬氏の初期(昭和27年)の作品。父母恩重経とは、紀元600年ごろの唐の時代の経典の中にもあり、日本には奈良時代に渡来したと言われ正倉院にも収められている。
 要約すると、父母の恩には十種の恩徳があるという。子を産み育て慈しみ守り、ひたすら子の成長を祈り父母はどんなに老いさらばえようとも、ひたすら子を大切に、大事に育て守っている。父母は皆その様な者で、子は父母の恩徳を感謝し決して忘れてはならぬという。しかるに、現在も同様、子が成長するとともに親をうとんじて遠ざかる。敢えて頼みごとをすれば「老いぼれて生きるよりも早く死んだ方がよい」とまで罵る。嫁をもらえば嫁の言いなりになり、嫁と一緒になって親に逆らい親の言うことに憤る。現代の話ではない。1500年以前いやそれよりもはるか昔の話であるが、今の世にも通じる話ではないだろうか。
次に十種の恩徳とは何かを次に記す。

懐胎守護(かいたいしゅご)の恩
 始めて子を体内に受けてから十ヶ月の間、苦悩の休む時がないために、他の何もほしがる心も生まれず、ただ一心に安産がで きることを思うのみである。
臨生受苦(りんしょうじゅく)の恩
 出産時には、陣痛による苦しみは耐え難いものである。父も心配から身や心がおののき恐れ、祖父母や親族の人々も皆心を  痛めて母と子の身を案ずるのである。
生子忘憂(しょうしぼうゆう)の恩
 出産後は、父母の喜びは限りない。それまでの苦しみを忘れ、母は、子が声をあげて泣き出したときに、自分もはじめて生まれ てきたような喜びに染まるのである。
乳哺養育(にゅうほよういく)の恩
 花のような顔色だった母親が、子供に乳をやり、育てる中で数年間で憔悴しきってしまう。
廻乾就湿(かいかんじつしつ)の恩
 水のような霜の夜も、氷のような雪の暁にも、乾いた所に子を寝かせ、湿った所に自ら寝る。
洗灌不浄(せんかんふじょう)の恩
 子がふところや衣服に尿するも、自らの手にて洗いすすぎ、臭穢をいとわない。
嚥苦吐甘(えんくとかん)の恩
 親は不味いものを食べ、美味しいものは子に食べさせる。
為造悪業(いぞうあくごう)の恩
 子供のためには、止むを得ず、悪業をし、悪しきところに落ちるのも甘んじる。
遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩
 子供が遠くへ行ったら、帰ってくるまで四六時中心配する。
究竟憐愍(くつきょうれんみん)の恩
 自分が生きている間は、この苦しみを一身に引き受けようとし、死後も、子を護りたいと願う。

 月並みな言葉しかないが「いつの世も同じ。」とつくづく感じる。

 自分自身を省みても、一人で大きくなったような気でいたことも確かである。その陰には、父母の言葉に尽きない大きな愛情を受けて育てられたのだと今更ながら思う。少し泣けそうになった。

三方よしの精神を学べ

 世の中、不祥事続きに呆れてしまう。
  昨日は、地元堺市役所の課長補佐による個人情報漏えい問題について、市長の謝罪記者会見が大きく報道されていた。私たちの介護事業の監督官庁でもある堺市役所の不祥事、それも個人情報の漏えいという呆れた不祥事問題である。
 介護事業者が1年に2回、受けなければならない研修会でも、主催者の市役所の担当者から、個人情報保護については繰り返し語られてきたことである。その当事者である市役所の職員から、個人情報漏えい問題が発生するとは、本当に開いた口が・・・の喩え通りである。
 来年から始まるマイナンバー制度が果たして機能できるのか、甚だ疑問である。マイナンバーについては事業者に対して、守らなければならない事項が数多く課せられている。そして、日々高齢者に接している我々のような介護事業者には、尚更大きな責務を課せられている。

 その他、東洋ゴム、東芝、化血研、マンション杭問題等、昨今の不祥事には、枚挙に暇がないほどである。

  その中でも、マンション杭問題は不祥事というより、私にとっては情けない問題である。というのも、当の建設会社(三井住友建設)に35年在籍し、些かなりとも晴れやかさを覚えてもいた。辛苦を共にした後輩の多くもまだ在籍している。実際施工したのは旭化成建材であるが、元請責任があり監督責任が問われている。技術者として最低であり、技術を売り物にしている建設会社にとってあってはならない事である。情けないことこの上ない。各人に猛省を促したい。喝!喝!喝!

 話は変わるが、久しぶりに朝ドラを楽しんでいる。
 「あまちゃん」も面白かった。やはり、主役というより、脇役陣の豊富さがドラマの面白さを左右するのではないかと勝手に思っている。
 「あさが来た」の実家の「今井家」は旧財閥の「三井家」の分家の一つを舞台にしている。「三井家」は純粋な近江商人ではないが、近江出身であり近江から松坂、江戸、京都と発展した豪商である。

 近江商人と言えば、「三方よし」の言葉が浮かぶ。「売り手よし・買い手よし・世間よし」である。売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献する。その「三方よし」の精神を基本理念として掲げ、進出した各地域において信頼をかちとり、商売発展につなげていった。

 手前味噌になるが、当社の企業理念(平成21年2月13日制定)にも、「三方よし」の理念を参考にさせてもらった。

  「・・・安らぎと癒しの時を共有し、・・・安心で信頼される企業を展開する。また適正な利潤を得て、全職員の生活基盤を守るとともに、地域社会に貢献することを目指す」

  2016年、更なる飛躍を目指したい。

我が青春に悔いなし

「どういう青春を過ごしたかでその人の人生は決まるのではないかと思う。」(矢内原忠雄)
 東京大学の学長であった矢内原氏の言葉である。矢内原忠雄氏は、内村鑑三の教えを汲むキリスト教徒であり、聖書に基づき無教会主義を唱えた人である。

 学生時代の先輩から電話が入る。要件は、大阪に来たから一杯飲もう。ということだった。早速、大阪近在の連中にも声を掛ける。早速、ミニミニ同窓会に相応しい,美味しい肴を提供する店?も予約する。学生時代が懐かしく思い起こされる。K納先輩は、学科も同じ工学部土木工学科であり、且つ何と言っても同じクラブの先輩として、可愛がってももらい、厳しく指導もされた。

 我々が青春という一時期を過ごした街は、博多と小倉の中間地点に位置し、宗像大社にも近く、直方、田川といった炭鉱町にも近かった。昭和40年台半ばの時代背景もあり,博多・小倉の歓楽街を控え、また八幡・戸畑の重工業地帯特有のエネルギッシュな雰囲気に囲まれた、とても学生に相応しい街とは無縁の様相を呈した街であった。半ば猥雑で侠気(狂気?)が、まかり通る時代でもあり、そのような街でもあった。
 
 そこで教養課程の2年間過ごした。専門課程に入る3回生からは東京にある本学に移動するシステムを持ったその大学は、全国から学生を集めやすくする為、同様の教養課程のみの校舎を札幌、湘南にも持っていた。専門課程になると、土木工学科だけで1学年400名の同級生となる。同級生と言っても顔も知らぬ人が多い。

 クラブ活動に明け暮れた2年間であった。本学とは違い福岡校舎は歴史的にも浅く、学校として一丸となって何かをするということが無く、70年安保に投ずるような学生もなく、怠惰で安逸な学生生活を送っている学生が多かった。

 K納先輩やN村先輩を中心に、6名の先輩方が一つのサークルを立ち上げた。そのサークルの目的は、「有意義な学生生活をエンジョイする。覇気のある学生生活を送る。福岡校舎に新しい風を吹かせる。」であった。先輩たちはそのために応援団という組織を立ち上げた。幸い、本学には歴史も伝統もあり、多くの部員を抱える本格的な応援団が存在した。応援団活動に必要な演舞、団歌等は本学の応援団から指導を受け、引き継ぐことが出来た。

 当初はサークルであったがその後の活動や部員の増加が認められ、正式なクラブとなった。私も多くの仲間と共に応援団に在籍し、空手・野球・サッカーの試合の応援は言うまでもなく、軽音サークルの連中とタイアップして、ダンスパーティなどを企画・運営したこともあった。先輩方がサークル結成時の目的であった「有意義な学生生活をエンジョイする。覇気のある学生生活を送る。新しい風を吹かせる。」は、我々において達成できたと大いに自己満足した。兎にも角にも学問をするという学生の本分にはほど遠い学生生活を送った。ただ、2年の間に多くの大切な仲間を得た。充実した2年間であった。また、先生方の中にも、今に至るも仲良くさせていただいている方も居られる。以前に、このブログで書いた、私にとって恩師の一人である森先生とのからみもこの2年の間の大切な経験である。

 冒頭の矢内原氏の言葉を私なりに解釈すると、私の青春とは大切な仲間を得る期間であり、それは何も大学時代に拘わらず、現在も進行中のことでありうる。人との出会いを大切にしたいと今更ながら思っている。

残暑お見舞い申し上げます。

残暑お見舞、そして開き直りの昨今
 処暑を過ぎると、暦通りすっかり秋めいた気配に、半ば驚きもし
又安堵している。窓を開けると夜来の雨の降り間に、すだく虫の
声も賑やかになり、季節が確実に移っていく様が垣間見える。
酷暑と言われ、夜通しエアコンのお世話になった今夏であった。

 高齢の利用者の中には、余りの暑さに体調を崩された方も
多く、熱中症により入院された方も多い。

 例年の如く私の夏事情は、盆休みも無く毎日出勤、夏季休暇
のヘルパーさんの代わりに利用者さん宅に出かけ、買物代行や
掃除、デイサービスへの送り出し等支援を行った。
 デイサービスのお迎えの車まで、利用者Y田さんをお連れすると、
「お前も一緒に乗っていくか?」と冗談なのか本気なのか判らない
お誘いを受ける。
 どういう意味で言われてるのか判らない。ある意味、同世代と
思っていてくれてるのかなとも思う。Y田さんとは9歳離れている。

 話は変わるが、昨年鬼籍に入られた利用者のM本さん
(招集され戦時下は満州に行かれ、その後シベリヤに抑留された)
には、本気で「あなたは何処の部隊にいた?南方?北?」と聞か
れた時は、思わず「この人は大丈夫か?認知度が大分進んでる
のかな」と思ったほどであった。
 
 ちなみにM本さん、当時も85歳で要支援2で矍鑠としておられた。
独居、自立生活が出来る人で、耳が少し不自由なくらいで、
掃除支援のサービスだけで十分に日常生活を送られていた。
多くの諸先輩方から同世代と思われてる私の老け具合度?は
相当なものではないか。
 ある意味自慢してよいのかなと開き直っている次第である。

 私は、親しい友人知人には自分の筆不精を戒める意味で、
年2回の便り(年賀状・暑中見舞い等)は欠かさないように
努めている。
 今年の暑中見舞いでは「休みもなく働いている」という文字が
皆様の哀れさを誘ったのか、幾人かの方から労いといたわりの
お便りを頂き、感謝でもあり恐縮している。

 倉敷に居る友人M野君も同様に思ったのか「休みもなく働いて
る?可哀そうじゃけェ慰労会をしたるけェ帰ってこいや。
メンバーはM下、K林、H松、O本、ワシとM子とT子を呼んどる。
9月12日18時30分、場所は素隠居で待ってるワ」
 
 M野君、私が絶対に来るという強い確信を持って一方的な
お誘いであり、勿論私は二つ返事で了承した次第である。

 久しぶり?8か月ぶり?家族からは「又、また帰るん?」と
厭きられた様子。
又また開き直って、「あたりメェじゃ、何ゆうトンじゃ」とつい岡山弁が出てしまう。

Appendix

プロフィール

【名前】
おっちゃんヘルパー
【年齢】
65歳
【一言】
≪絆≫を大事に。
ヘルパーステーション
ケアプランセンター
お結び
お気軽にお問い合わせください。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード